時には厳しい対処をするのも仕事です

時には厳しい対処をするのも仕事です

東京でも埼玉でも、どの地方でもオーナーや賃貸管理会社を困らせる入居者、オーナーや他の入居者にとって『悪い』入居者がいるものです。

賃貸管理会社の役割を考えてみると、東京や埼玉などを問わず、すべての入居者に「快適に過ごしてもらう住居空間」を提供することというのがあります。

それによって入居者にも喜ばれ、オーナーは収入が増えることでしょう。

ただし『悪い』入居者、例えばモンスタークレーマーだったり、家賃滞納の常習者だったりするそんな方々に時間と意識を奪われたら、『普通』入居者や『良い』入居者は静かに退去していくかもしれません。

もちろん東京だからとか埼玉だからとかは関係ありません。

『普通』と『良い』入居者を守るため、初めは事情をわかってもらい、『悪い』から『普通』に移行してもらう方法をとりますが、態度が改まらない場合は厳正に対処します。

必要となれば強制退去もあり得ます。

賃貸管理会社はオーナーと入居者を守るために厳しい態度をとる必要もあるのです。

オーナーに役立つ情報を見つける

賃貸管理会社としてオーナーに役立つ情報を提供し、総合的で長期的なプランをオーナーに提案するという業務は、当たり前のことですが言葉に出すほど簡単ではありません。

東京や埼玉に限ったことではなく、全国で同じような問題や悩みを抱えている賃貸管理会社は多いのではないでしょうか。

特に物件の築年数が経っていると、提案しても費用が足りなかったり周囲に新築ができて競争率が上がったりして、なかなか部屋が決まらないかもしれません。

この現象も東京や埼玉に限ったことではありません。

解決策としてよく聞く『家賃を下げる』方法は、ずっと住み続けている入居者に知られて家賃の値下げを要求してくるかもしれないリスクがあります。

賃貸管理を埼玉で依頼

また、リフォームやリノベーションも考えるべき方法のひとつですが、物件の客層をきっちり限定していないと絞って改装することはできません。

ですが、賃貸管理会社としてオーナーに提案することができれば、東京や埼玉などに負けない物件になるのではないでしょうか。